2018年の思い出(痛)

新年、あけましておめでとうございます(/・ω・)/ゥェーィ☆彡

年女のトリマー梅澤です。

2019年は猪突猛進の精神でいかなる壁も壊して突き進んでいきたいと思います(どこかへ)

皆様の2018年【今年の漢字】は何だったでしょうか。たとえ同じ漢字だったとしても中身は違うのでしょう。

ちなみに私は・・・“痛”でした。意味はそのままです。他の意味などありません痛かったんです。

まずはインフルエンザから始まり、度重なる胃腸炎。

次に重度の便秘が原因で起こる気が遠くなるほどの腹痛。

そして迎えた2018年12月26日。

クリスマスでめでたく結ばれたカップルさん、独り寂しくクリスマスを過ごした人、幸せだったあの日はもう戻ってこないと嘆いている人・・・

色々な気持ちで26日を迎えた人がいたことでしょう。

そんな中、無麻酔で抜歯された私です。いや、抜歯だったのかは定かではないですが、体が持ち上げられた気がしたんです。涙ボロボロです痛いです痛かったです幻歯痛がします)))

なので今度、真相を確かめてこようと思います。なぜ麻酔をしなかったのか?お客様を泣かせておいて放置とはどういう了見なのか?軽いトラウマになってしまったこの可愛そうなピュアハートの治療法はないのか?etc・・・

なんだかんだ言ってますが、元をただせば歯を大事にしなかった私がいけなかったのでしょう・・きっとそう言われて終わるんだそうに違いない( ノД`)ォロォロ

以上が、2018年の私の思い出です。

人と違って、ネコちゃんわんちゃんは言葉を発せません。

もしかしたら虫歯菌から攻撃を受けている最中かもしれませんよ・・・(゜-゜)

・・・ぁー、痛かった。
Recommended Posts